MENU

イビサソープとイビサソープの違いは何?

イビサソープはデリケートゾーンの臭い対策ですが、イビサクリームは一体何に効果があるのでしょうか?気になるイビサクリームについての紹介とイビサソープの違いをご紹介したいと思います。

 

イビサクリームとは

イビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ対策のクリームです。有効成分のトラネキサム酸が肌をケアして、美白を促します。また有効成分のグリチルリチン酸2Kが肌の炎症を抑え、肌の調子を整えてくれます。また有効成分に加えて、サクラ葉抽出液やオウゴンエキスなどの4種類の植物成分が更に美白効果を促し、ヒアルロン酸やローズ水などの8種類の潤い成分が肌に潤いを与えます。

 

イビサクリームは様々な美白成分が会社独自の絶妙な配合され、美白にかなりの効果があると新聞や雑誌などで取り上げられています。

 

デリケートゾーンの黒ずみとは?

デリケートゾーンの黒ずみは誤った事故処理、長年の擦れなどが原因です。また、不摂生な生活でターンオーバーの周期が悪くなり、肌の再生能力が落ち、黒ずみが発生する場合もあります。

 

黒ずみは見た目が悪いだけで放っておくと言う人がほとんどですが、実は黒ずみがあるからデリケートゾーンが臭うこともあるのです。黒ずみは要するに長年の老廃物が溜まっていて、雑菌のエサになります。雑菌が繁殖すると臭いが出てしまうのです。また雑菌が多いと、痒みやかぶれの原因になることも。さらにかゆみがあるからと言って、掻きむしってしまうと黒ずんでしまうのです。単に黒いからと言って放っておくと、臭いの原因になるだけでなく、更に黒ずみを生むことになるので、早めにケアすることが大切です。長年放っておいた黒ずみはどんなにいい製品を使っても美白するのは大変です。

 

イビサソープとイビサクリームの違い

イビサソープはデリケートゾーンの臭い対策の製品です。そしてイビサクリームはデリケートゾーンの黒ずみ対策の商品です。

 

2つは違う商品ではありますが、実は併用すると効果が倍増になります。なぜならば、黒ずみは臭いの原因になることもあり、臭いを放っておくとかぶれやかゆみが起こることもあり、更に黒ずみを促すことにつながります。逆に、黒ずみをなくせば臭いが軽減され、臭いをなくせばかぶれやかゆみも軽減され更に黒ずみになることもありません。

 

イビサソープとイビサクリームは一緒に使おう

イビサソープの良さを更に感じるには、イビサクリームを一緒に使うことをお勧めします。面倒だと思うかもしれませんが、どちらも使い方は簡単です。イビサソープは3ステップで終わり、イビサクリームは塗るだけです。また、どちらも肌に合わなかった場合には返金保証制度があり、商品を返却してくれるので、気軽に試すことができます。ぜひ、イビサソープとイビサクリームの併用を試してください。

 

イビサソープの口コミ評判はこちら>>>